想像を超えた成長を

子どもの才能を伸ばす親は密かに学んでいる


人間力こども塾の子どもたちが才能をどんどん伸ばしていくのには、もう1つ理由があります。
それは、子どもの夢を、才能を、可能性を伸ばす力をお母さんが学んでいるからなんです。

[どうしてお母さんが学ぶの?]

 「自分の力は自分で身につけるもの」ということで、お子さんを習い事に通わせてあげる親御さんは数多くいます。通わせているとある程度までは力は伸びます。いい指導者に巡り合えれば飛躍的に伸びます。でもそれは一方で、それ以上は伸びない、子どもに合わない指導者に巡り合ったら伸び悩んでしまうということを意味します。たまたま良いところに巡り合ったら…ということになってしまいます。

 子どもが生き生きと輝いている姿を見ると、お母さんやお父さんがどのように子どもに接しているのかがいつも気になっていました。それでそういう方に会うたびに聞いてきたのですが、やっぱり「密かに」学んでいるんです。子どもの才能を伸ばす様々なことを。それは、たまたまに頼るのではなく、自分にできることをしてあげるという親の意思だと感じました。

 だからあのお母さんは、こういう言葉がけができるんだ、こういう問いかけができるんだ、このタイミングでああいう言葉が出てくるんだ、あんな聞き方をするんだと感激しました。

 もう1つ共通点がありました。のびのびと才能を伸ばしている子の親御さんは、自分が子どもに与える影響をしっかり認識しているという点です。お母さんの子どもへの影響は、第三者の指導者の影響を考えると比べ物にならないほどです。それは、一緒にいる時間が長いというのは当然ありますが、何よりも子どもは親のことを信じているし、親のことが大好きだからです。

 だから、親御さんは、そのプラスの影響をどんどん大きくして子どもの夢を応援してあげたい!才能を伸ばしてあげたい!という思いで学ばれているのです。
 
 こども塾に子どもを通わせようと思ったけど、自分が学ぶのが先だと感じ、先に学ばれているお母さんもいます。お母さんが「こどもの才能の伸ばし方」を学ぶと、子どものキラキラ度は格段に上がります。

お母さんだからできること
お母さんにしかできないことがあります


わが子に、持っている力を思う存分発揮してもらい
やりたい夢をどんどん自分の力で叶えていける応援をしたい!

そう思うからこそ、忙しい時間を割いでても学ばれるんですね。

子どもの才能を伸ばすぞ!と決めたお母さん

ぜひ、こちらで一緒に学んでいきましょう!

子どもの才能を伸ばすたった1つの法則